夏至・一年の折り返しに

あなたの笑顔を咲かせましょ♪ 

あなただけの幸せの種を見つける【花笑み✳︎リーディング】

BME占術師 早坂 周花  (はやさか しゅうか)です。

ご訪問ありがとうございます。


今日は、夏至ですね。

大雨の影響が出ている地域の皆様のご無事・ご安全をお祈りしております。
私の住む場所では、朝の雨も上がって午後から力強い陽の光が辺りを輝かせています。

まさに陽の気が極まった感じ。

昨日に満月から今日の夏至にかけては、エネルギーも満ち満ちていて、皆様の体調や心にも少なからず影響を与えているのではないでしょうか。
夏のような日差しが降り注ぐ中、満月の昨日はふと呼ばれた気がして、ご縁をいただいている水戸八幡宮に伺ってきました。
紫陽花が美しい参道は、いつ来ても心穏やかに清々しい気持ちになれます。

蝶たちが出迎えてくれるのもなんだか嬉しくて。

参道を歩いているとわくわくしちゃいます。
夏越の大祓(なごしのおおはらえ)の茅の輪を見ると、今年も一年の半分が過ぎたことに気づきます。

和歌を唱えながら八の字に三回くぐるのは、日頃追われるようにして生きている時間の感覚でいると、思ったより時間がかかって少しまどろっこしいような気持ちになるかもしれません。

(私がせっかちなだけ!?)
そんな風に感じてしまうのは、やはり気づかぬうちに心を失くしてしまっている「忙」の状態に傾いてしまっているんでしょうね。
「忙しい、忙しい。」
つい口癖になってしまっている人もいるのでは?

心を失くしてしまうと、大切なものを見失なっちゃいますよ。
「忙しい」ばかりを口にすると、周りは「忙しいみたいだから、誘うのはやめておこう」と気遣って、どんどん人が離れていってしまったり。
頭の中を常にフル回転してあれこれ思いめぐらせてばかりいると、シンプルなことなのに、自ら難しくしてしまってパンクしそうになったり。

時間に追われがちな現代ですが、毎日の中でほんのわずかでも自分と向き合う、頭の中を空っぽにする時間を意識的に取りたいもの。

スペースが空くと、そこに新しいものが入ってくる。
水戸八幡宮の茅の輪は、和歌を知らない人のために唱える和歌を記した札が、茅の輪の前に用意されていました。

これはすごくいいなと思いました。

和歌を暗唱できなくても、茅の輪くぐりを行うことができる。
もちろん祓っていただくために暗唱する努力が必要と、言われればそれはそうなのですが。

でも、誰もが茅の輪くぐりを受けることをできるように…

訪れた人には誰にでもチャンスを与えてくださる。

そんな優しさが水戸八幡宮の神様らしい気がしました。
本当に、いつ伺っても水戸八幡宮の神様は優しくて穏やかなんですよ。

いつもありがとうございます。
半年の間に知らず知らず溜まった心身の穢れ(不要なもの)を祓う夏越の大祓。

6月30日までの間は半年間の自分を振り返り、心身を清めて一年の折り返しをみんなで元気にスタートしましょうね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PAGE TOP

サイト管理